Hayabusa Energy – Texas based independent oil & gas producer for international investors –
Hayabusa Energy

Team

代表取締役 清水陽一郎

2015年夏、テキサス州にHayabusa Energy USA LLCを設立、2017年1月から州北部で生産アセットの操業を行うと共に、新規案件の発掘に奔走している。
三菱商事石油開発株式会社(2003-2013)にてガボン支店長として西アフリカのガボン共和国においてボードロア油田、ロシェ油田、アゾベ探鉱、ングマ探鉱の事業に従事。ングマ事業ではオペレーターとして鉱区交渉から現地組織立ち上げ、掘削、鉱区返還までをフルサイクルでマネージ。ジャパン石油開発株式会社(1999-2003、現INPEX group)、アブダビ事業部にて上部・下部ザクム油田、ウムシャイフ油田、ウムアダルク油田、サター油田の操業管理、経済性評価に従事。慶應義塾大学法学部卒業。1973年鎌倉市出身。

アドバイザリー・ボード (ADVISORY BOARD)

Dr. Emery D. Goodman

1980年Shell入社。探鉱ジオロジストとしてテキサス、ルイジアナのプロジェクトに従事。1989~2014年までExxon Mobil。メキシコ湾探鉱マネージャー、中東生産マネージャー、アンゴラ技術マネージャー(開発・生産)、リサーチマネージャー等を歴任。2014~2017年までVaalco Energy 。新規事業担当副社長として西アフリカを中心に新規政府やパートナー、投資銀行らとの交渉を主導する。2017年春に同社を退職後はヒューストンを拠点にコンサルタントして活動。現在はテキサス大学オースティン校、経済地質部局・天然資源評価マネージャー(Manager, Resource Assessment at Bureau Economic Geology, University of Texas)。
カリフォルニア大学Geological Sciences博士号、サウスカロライナ大学Geology修士、Stony Brook大学Earth & Space Sciences学位。テキサス州Sugar Land在住。

 

池田道雄

2012~2015年JX日鉱日石エネルギー株式会社(現JXエネルギー)副社長、2016年6月同社退任。1974年三菱石油株式会社入社後、輸入部製品課長、経営企画部次長等を歴任、1999年の日本石油との合併以降はグループの経営・企画・戦略に携わり、2005年から執行役員、2010年から常務取締役兼国際事業本部長。上智大学経済学部経済学科卒業。

田島修一

Lincoln International, Inc(グローバルなM&Aアドバイザリー)シニアー・アドバイザー、(社)TXアントレプレナーパートナーズ(技術系スタートアップ支援)理事。 以前はローンスター・ファンドのパートナー&エグゼクティブ・バイス・プレジデント、GEキャピタル・ジャパンのマネージング・ディレクター、日本長期信用銀行20年間勤務(最終はニューヨーク支店営業部長)。 シカゴ大学MBA, 一橋大学経済学部卒業。

Jeff Miller

Centrus Japan LLC代表取締役として原子力発電ビジネスに従事。2016年8月末までは米国エネルギー省(US Department of Energy)勤務、東北大震災直後からエネルギー省日本オフィスのディレクターとして東京赴任、以後石油、ガス、原子力、新エネルギーの多岐に亘る分野で日米間のエネルギー協議を主導。メリーランド大学法学部卒業。